トップ

デンタルインプラントについて

歯科で行われる術式として、一般的になっているのがインプラントです。施術前に医師と相談して、より適した治療方法や、おおまかな流れ、費用について説明を受けます。一般的な治療の流れとして、インプラントを骨の中に埋め込み、骨と十分に接着するのを待ってからその上部に歯を作成します。接着するまでの期間は、通常2か月~6か月を要し、一般的な症例で7回~10回程度の通院回数が必要と言えます。また、長持ちさせるためにメンテナンスが必要であり、術後の経過にもよりますが、通常は1年に2回のペースで、術後も3か月に1回、経過を見てもらうのが良いでしょう。

インプラント治療の通院回数

インプラントの通院回数は医療機関によって異なりますが、カウンセリングと検査だけで2~3回通わなければなりません。口の中の状態を把握するために必要な事なので、医師の指示通りに来院しますが、納得できない場合は説明を求めると良いです。「1回法」という方法の場合は手術時の通院回数も2回程度で済みますが、骨を増やすための施術を受ける場合はさらに回数が増えます。人工歯を作っている間も数回通う必要があるため、「インプラント治療はすぐには終わらない」という事を認識したうえで施術を行わなければなりません。長期間に及ぶ治療が必要なため、医師との信頼がより重要になります。

↑PAGE TOP

© Copyright インプラント治療の流れ. All rights reserved.